ガス風呂給湯器 :  ガス給湯器
話題の浴室テレビ :  環境対策エコジョーズ

輸入牛肉処理問題・・・調査結果は!?

○ジョハンズ米農務長官は17日、米国産牛肉にBSE(牛海綿状脳症)の原因物質がたまりやすい脊柱(せきちゅう)が混入し、日本が輸入を停止した問題に関する対日調査報告書を公表しました。
報告書は、混入は対日輸出に不慣れな業者と検査官による「特別の環境下で発生した例外的なもの」と指摘しています。検査官教育の充実に向けた農務省内部の連携強化など15項目の追加的な再発防止策を打ち出す一方で、混入問題は「米国の食肉処理・検査、輸出制度全体の脆弱(ぜいじゃく)性を示すものではない」として、抜本見直しは不要と結論付けています。
ジョハンズ長官は会見で「日本からの専門家調査チームの訪米を歓迎する」と述べ、日本政府が輸入再開の前提条件とする米国内の牛肉処理施設の事前査察を容認する考えを改めて表明しました。
米側は日本側に調査報告書を既に提出し、これを受けて日本政府は輸入再開の検討に入ることになります。ただ、日本国内の米国産牛肉への不信は根強く、再開には紆余(うよ)曲折が予想されます。

日本では、事前調査をしなかったからだ、他に問題はない・・・米国では、体制は脆弱じゃない、例外的なものだ・・・と言っていますが・・・このままで大丈夫なのでしょうか?
Up: 2006年02月18日 07:15 | [世間の話題]
給湯器・風呂釜販売(広告LINK)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。