ガス風呂給湯器 :  ガス給湯器
話題の浴室テレビ :  環境対策エコジョーズ

PET検診の効果は・・・?(癌の話)

○国立がんセンター(東京)の内部調査で、画像検査PET(ペット、陽電子放射断層撮影)によるがん検診では85%のがんが見落とされていたことが分かりました。

PETは、放射性物質が含まれた薬剤を注射し、がんに集まる放射線を検出してがんを発見する装置で、PET検診は「全身の小さながんが一度に発見できる、がん検診の切り札」と期待され、急速に広がっています。

同センター内に設置された「がん予防・検診研究センター」では、2004年2月から1年間に、約3000人が超音波、CT、血液などの検査に加えPET検査を受け、150人にがんが見つかりました。
しかし、この150人のうち、PETでがんがあると判定された人はわずか23人(15%)で、残りの85%は超音波、CT、内視鏡など他の方法でがんが発見されており、PETでは検出できませんでした。

がんの種類別では、大腸がんが見つかった32人のうち、PETでもがんと判定された人は4人(13%)で、胃がんでは22人中1人(4%)でした。

PETによる発見率が比較的高いとされる肺がんでも28人中6人(21%)、甲状腺がんで11人中4人(36%)という結果になっています。

PETは1994年ごろから使われ始め、現在は100近くの医療機関が導入、多くでがん検診にも使われています。がん検診には保険がきかないため、10〜20万円程度の費用がかかることになりますが、日本核医学会の調査では、2004年9月の1か月間だけで4600人が受診ています。PET検診と温泉ツアーなどをセットにした旅行企画も売り出されている状況です。

国立がんセンターの村松幸男検診部長は「PETでは『小さながんを見つけやすい』と言われてきたが、早期がんでは他の検査に比べ検出率が低かった。PET検診の意義は小さいのではないか」と話しています。

民間医療機関のがん検診では、がんのうちPETで検出されたのは64%、48%などのデータがあるため、国立がんセンターで行う超音波、CTなどを併用した検診のがん発見率が一般の医療機関に比べ高いため、相対的にPETでの発見率が低下した・・・という可能性も考えられています。

効果があるのか、ないのか・・・高い費用がかかるだけに、はっきりとした答えが知りたいところです。
Up: 2006年03月03日 19:30 | [世間の話題]
給湯器・風呂釜販売(広告LINK)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。