ガス風呂給湯器 :  ガス給湯器
話題の浴室テレビ :  環境対策エコジョーズ

暖房を切っても寒くない!?

○温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)削減のため、東京・霞が関の環境省が省内の暖房を切る「非常手段」を27日まで1週間、断行しました。

28日午前に記者会見した小池百合子環境相は「特段の支障はなく、事務方は『職員の士気は高い』と言っている。みんな風邪でばたばたと倒れなくてよかった」と苦笑しながら語り、28日以降も暖房の停止を継続する方針を明らかにしています。

政府は自らの業務や事業で排出する06年度の温室効果ガスの排出量を01年度比で7%削減する目標を掲げています。しかしながら、04年度は逆に01年度比4.6%増加しており、環境省自体の排出量も10.4%増えているという状況でした。環境省は中央合同庁舎5号館の23〜26階を占めており、1週間のCO2削減量は約6トンで、5号館全体の暖房を冬の間止めると、環境省の年間排出量を約8.1%削減できるという計算になります。

各省庁は冬の室温について、19度を下回らないように設定しています。この1週間、暖かい日があったことも一因なのかも知れませんが、環境省では暖房を切っても、午前10時の業務開始時の平均室温は22.6度、午後4時には同24.5度にもなっていたそうです。1日平均室温23.7度は暖房稼働時の同24.5度と大差ない状況です。

同じ庁舎の階下の厚生労働省は「うちが暖房を入れているから、環境省は暖房を切っても寒くないんだ」と指摘していますが、小池環境相は「広げる努力はしていきたい」と他省庁にも協力を呼びかけたい意向のようです。

現代のオフィスビルはもともと断熱効果に優れており、パソコンやコピー機などの排熱で暑い、という指摘が多いです。ビルによっては、「冬でも『冷房』が必要なほどだ」という話も聞かれるほどです。

また、都道府県では、国より低い17度に庁舎内温度を設定したところもあります。17度は労働安全衛生法に基づく事務所衛生基準規則などの室温の下限で、鳥取県は設定を試験的に20度から「17度を下回らないよう18度を目安にする」としていました。
しかし予想外の寒波の襲来で1月上旬には幹部会議で「寒すぎる」との意見があり、設定温度を1度上げているのが実情のようです。

確かに、人が多く、オフィス機器がたくさんある部屋は、暖かいですね。
オフィスでスーツを脱ぐくらいなら、無駄な暖房を使わずCO2削減に協力しては・・・
Up: 2006年02月28日 12:55 | [世間の話題]

外国人と間違えられ、入管法違反!?

○埼玉県警川口署は27日、同県川口市の無職女性(28)を東南アジア系外国人と間違え、入管法違反(旅券不携帯)容疑で誤認逮捕したと発表しました。

女性は、日本人とわかり、26日未明の逮捕から約14時間後に釈放されたそうです。

同署によると、交番勤務の署員3人が25日午後7時40分ごろ、川口市上青木西の路上を歩いていた女性に職務質問したところ、女性は「日本人です」としか話さず、身分を示すものも持っていなかったため、かつ、署員が所持品に書かれていた母親の勤め先を訪ねたものの、身元は確認できなかったこともあり、26日午前5時15分ごろ逮捕したといいます。

その後の取り調べで、女性が自分と家族の名前、生年月日を紙に書き、身元が判明し、午後7時20分ごろ釈放されました。
署員は「目が大きく、彫りが深かったため、外国人だと思い込んだ」と説明しています。

日本人は、パスポートなんて持ち歩いていませんから・・・
自動車の免許や保険証も常に持ち歩いている人ばかりではないし・・・こういうことってあるんですね。
Up: 2006年02月28日 01:20 | [世間の話題]

東京ガスが131万世帯巡回・・・

○東京ガスは27日、家庭用キッチン組み込み式のガスこんろの栓からガスが漏れ、発火したケースが4件あり、うち1件で軽度のやけどを負う事故があったと発表しました。

同社は1998年から2004年にかけ同型のガス栓を販売した約131万6700世帯に注意を呼び掛けるダイレクトメールを送るとともに、今後1年以内に各世帯を巡回点検するとしています。

確率的にはたった131万分の4なのですが・・・安全のために、ここまでするとは・・・すばらしい!?
 
Up: 2006年02月27日 20:55 | [世間の話題]

修学旅行を生徒が決める・・・当たり前!?

○北海道芽室町と周辺の町の中学校で、生徒が計画、複数の旅行会社に具体的プランを出してもらい、プラン選定も生徒や教員の投票で決めるというユニークな方法で、修学旅行が行われているそうです。

最初から最後まで生徒がかかわる修学旅行に子どもの満足度は高く、旅行社にも「選定が公平」と好評とのこと・・・。この取り組みは三重県で開催中の日教組教育研究全国集会で、報告されました。
最初に始めたのは芽室町立芽室西中学校で、2004年9月に生徒による修学旅行準備委員会を設立し、旅行会社4社に「予算は5万5000円」「仙台を中心に」「フェリーの宿泊はトイレ付きの部屋を」などと要望を出したそうです。
12月には4社の説明会を開催し、年明けの授業参観で、教員や保護者も含めた投票で決め、昨年4月に宮城県への旅行を実施しています。

自分達で決める方が思い出になりますし、確かに旅行会社にとっても平等な感じがします。
全国に広がっても、よいのでは!?
Up: 2006年02月26日 22:45 | [世間の話題]

スペーシア登場!

○東武鉄道の特急「スペーシア」が24日、試運転でJR新宿駅(東京)に初めて登場しました。

午後2時前、オレンジと深紅のラインが入った白い車体が静かに入線し、停車時間はわずか10分でした。
この10分の間に、JR東日本の社員が座席や運転台をチェックしました。

両社は3月18日から新宿−東武日光、鬼怒川温泉(栃木)をそれぞれ約2時間で結ぶ特急の直通運転を始める予定で、JR東北線(宇都宮線)と東武日光線を連絡する栗橋駅(埼玉)でレールの接続工事を昨年末終えています。
Up: 2006年02月24日 23:10 | [世間の話題]

弱気な気象庁!?

○気象庁が23日、今年6〜8月の「夏」の天気予報を発表しました。東日本と西日本、南西諸島の気温は平年並みか高く、梅雨の降水量も平年並みの見込みで、同庁では、「今年は夏らしい夏になりそう」と予報しています。

一方、北日本(北海道、東北)では、「冷夏」か「猛暑」のいずれかに大きくぶれそうだという予報をだしています。
「冷夏」と「猛暑」じゃ、まったく逆ですが・・・

同庁では昨年9月、同12月〜今年2月の「冬」の天気予報を「暖冬傾向」と発表し、見通しを大きく外してしまったばかりで、同庁気候情報課は、「6か月先の天気予報はいまの技術ではなかなか難しい。予報は修正されていくので、今後も注意深く予報を見てほしい」とやや“弱気”な姿勢をみせています。
Up: 2006年02月23日 20:30 | [世間の話題]

JR西日本車両の1200両にブレーキ不具合!

○JR西日本は、旧国鉄時代に製造された車両で、通常のブレーキ(常用ブレーキ)が故障すると、自動列車停止装置(ATS―SW)による非常ブレーキも作動しなくなる欠陥が見つかったことを明らかにしました。

欠陥が見つかったのは、特急から通勤電車まで在来線で使用されている先頭車両約2700両のうち4割を超える約1200両です。
1994年にブレーキの回路を変更した時の設計ミスが原因で、12年間ミスに気づかないまま運行していました。

怖い・・・というか、よく、12年間事故にならなかったですよね。
Up: 2006年02月20日 22:45 | [世間の話題]

【ノーリツ:ユコアGQ】給湯専用ガス給湯器が激安!

「NORITZ ユコアGQ ガス給湯器 オートストップ」
環境にやさしい新型給湯器。(2005年7月発売の最新型)
「エネルギー消費効率83%(GQ-2437WS)」は、2006年度の「省エネ基準達成率101%」。
「Q−TEC制御」の搭載で40度付近の冷水サンドイッチ現象(お湯の温度変化)を防いでいます。


[商品一覧] 本体:メーカ希望小売価格の69%OFF
ガス給湯器
  24号 オートストップ 屋外壁掛/PS標準設置形
  メーカ保証1年付
  給湯器:GQ−2437WS 購入はこちら
ガス給湯器
  20号 オートストップ 屋外壁掛/PS標準設置形
  メーカ保証1年付
  給湯器:GQ−2037WS 購入はこちら
ガス給湯器
  16号 オートストップ 屋外壁掛/PS標準設置形
  メーカ保証1年付
  給湯器:GQ−1637WS 購入はこちら

給湯器とは?
号数について
オートストップと標準の違いについて

「NORITZ ユコアGQ ガス給湯器 (標準)」
環境にやさしい新型給湯器。(2005年7月発売の最新型)
「エネルギー消費効率83%」は、2006年度の「省エネ基準達成率101%」。
「新FF+FB制御」の搭載で不快な冷水サンドイッチ現象(お湯の温度変化)を緩和します。

[商品一覧] 本体:メーカ希望小売価格の69%OFF 激安!!
ガス給湯器
  16号 標準 屋外壁掛/PS標準設置形
  メーカ保証1年付
  給湯器:GQ−1637WE 購入はこちら
Up: 2006年02月20日 00:00 | [コンテンツ]

高級!実物大・・・ライダーベルト!

○バンダイは、1970年代に大ヒットした仮面ライダーの変身ベルトを3月下旬から発売すると発表しました。テレビ放映時に子どもだった30〜40代の男性をターゲットに約1万個を販売する計画で、価格は3万1500円になる模様です。

ベルトのスイッチを押すと、中央の風車部分が赤、青、白の3色に発光し、変身時の効果音も再現され、約20秒にわたって変身動作を楽しめます。胴回りは85〜110センチで、単3電池で稼働します。ここ数年、テレビやアニメキャラクターを題材にした復刻商品に対する需要が高まっており、売れ行き次第では追加生産も検討するようです。

3万1500円というと、高価な気もしますが・・・すぐに売り切れそうな予感。
Up: 2006年02月19日 16:30 | [世間の話題]

結婚は非喫煙者と・・・

○禁煙治療への保険適用が4月から始まるなど慢性的な喫煙を病気と考える人が増える中、男性では4人に3人、女性では半数近くが結婚相手に非喫煙者を希望している実態が18日、製薬大手のファイザー(東京都渋谷区)の調査で分かりました。
同社は今年1月、インターネットを使った調査で20〜30代男女の喫煙者200人、非喫煙者200人から回答を得ています。
「喫煙する異性をどう思うか」との質問に対し、
「好ましい」  は男性 2.0%:女性11.5%
「好ましくない」は男性57.5%、女性32.0%

「結婚相手として選ぶなら」との問いには、
「吸わない人」 を男性73.5%、女性48.5%
でした。

異性の喫煙で最も気になる点としては、全体の約4割が「健康への弊害」を挙げたほか、「口臭」が約2割、「髪や衣服へのにおい」と「歯の黄ばみ」がそれぞれ約1割でした。

意外な事実・・・? 
Up: 2006年02月18日 18:20 | [世間の話題]

輸入牛肉処理問題・・・調査結果は!?

○ジョハンズ米農務長官は17日、米国産牛肉にBSE(牛海綿状脳症)の原因物質がたまりやすい脊柱(せきちゅう)が混入し、日本が輸入を停止した問題に関する対日調査報告書を公表しました。
報告書は、混入は対日輸出に不慣れな業者と検査官による「特別の環境下で発生した例外的なもの」と指摘しています。検査官教育の充実に向けた農務省内部の連携強化など15項目の追加的な再発防止策を打ち出す一方で、混入問題は「米国の食肉処理・検査、輸出制度全体の脆弱(ぜいじゃく)性を示すものではない」として、抜本見直しは不要と結論付けています。
ジョハンズ長官は会見で「日本からの専門家調査チームの訪米を歓迎する」と述べ、日本政府が輸入再開の前提条件とする米国内の牛肉処理施設の事前査察を容認する考えを改めて表明しました。
米側は日本側に調査報告書を既に提出し、これを受けて日本政府は輸入再開の検討に入ることになります。ただ、日本国内の米国産牛肉への不信は根強く、再開には紆余(うよ)曲折が予想されます。

日本では、事前調査をしなかったからだ、他に問題はない・・・米国では、体制は脆弱じゃない、例外的なものだ・・・と言っていますが・・・このままで大丈夫なのでしょうか?
Up: 2006年02月18日 07:15 | [世間の話題]

シンガポールが国民全員(成人)にボーナス支給!?

○シンガポールのリー・シェンロン首相は17日、2006年度政府予算案を発表し、財政黒字を還元するとして、すべての成人国民(21歳以上)に少なくとも200シンガポールドル(約14,000円)以上の現金を支給する考えを明らかにしました。
首相は3月下旬にも初陣となる総選挙を実施する考えで、選挙対策とみられていますが・・・ 
Up: 2006年02月17日 22:45 | [世間の話題]

ロマンスカーの展望席、乗車券発売中止・・・

○小田急電鉄(東京)の特急に男性が飛び込みフロントガラスが破損、乗客がけがをした事故を受け、同社は17日、先頭車の展望席の乗車券発売を当面中止すると発表しました。

小田急相模原駅(神奈川県相模原市)で16日、男性が通過する特急「ロマンスカー」へ飛び込んだ衝撃で、フロントガラスが割れて穴が開き、破片で乗客9人が手を切るなど軽いけがをしました。
ロマンスカーは先頭車の前面がガラス張りで、眺望の良さが人気ですが、同社は「安心してご利用いただけるよう対策を講じるまでの間、発売を見合わせる」と説明しています。

予約分は・・・?プレミアムチケットになるのでしょうか?
Up: 2006年02月17日 20:10 | [世間の話題]

へたり牛20頭が食用処理・・・

○米農務省の監察官事務所によるBSE(牛海綿状脳症)対策監査で、米国内の食肉処理施設がBSE感染の兆候とされる歩行困難牛(へたり牛)20頭を原因不明のまま食肉処理していたことが8日に分かりました。歩行困難牛は食肉処理が禁じられており、米国のずさんな体制が新たに発覚したことで、日本の消費者の不安がさらに高まるのは必至です。特定危険部位の混入で再停止された米国産牛肉の輸入の再開時期に影響しそうです。

報告書によると、04年6月〜05年4月、監査対象の食肉処理施設12カ所のうち2カ所で計29頭の歩行困難牛を食肉処理し、その中のけがなどが原因と確認された以外の20頭は歩行困難の原因が書類に記録されていませんでした。
施設には農務省の検査官がいましたが、施設到着時点の目視検査で正常だったため、その後歩行困難になってからの検査を十分に行わなかったようです。同事務所は、同省食品安全検査局に改善を勧告し、同局は改善を約束しました。

報告書は目視検査について、全頭を対象にすべきなのに、33の食肉処理施設が5〜10%の「抽出検査」にとどめていたことも指摘しています。ただ、農務省が05年7月に抽出検査中止を指示したため、改善勧告は見送りました。

米国では、BSEの恐怖の認知度が低いといわれていますが・・・こういう情報が入ってくると、事実のような気がします。
米国牛って怖い・・・?
Up: 2006年02月09日 22:55 | [世間の話題]

牛肉輸入再開の最低条件・・・守らず?

○米国産牛肉の輸入再開をめぐり、農水省幹部が昨年11月中旬に消費者団体らを対象に開いた内閣府食品安全委員会の公開の会合で、特定危険部位の除去など輸入条件の順守を米国で「最終確認する」と、再開前の現地調査実施を明言していたことが3日に分かりました。
当時の内閣府幹部も、農水省側から事前調査を行うとの説明を受けたと明かしています。

国会でも、野党側は事前調査の必要性を明記した政府答弁書を閣議決定しながら、実際にしなかった点を追及しました。
結論としては、消費者らとの「約束」も破った形になっています。
問題の発言が出たのは、11月14日に札幌市内で開催された意見交換会で、危険部位の除去などを条件に米国産牛肉を輸入した場合、牛海綿状脳症(BSE)汚染の危険性は国産牛肉と比べて差が非常に小さい、という食品安全委専門委員会の答申案に対し、消費者や生産者らの意見を聞くのが目的でした。

米国に対しては、輸入再開の条件・・・と強気に言うだけ言っておきながら
(米国側もちゃんと約束を守れませんでしたが)
日本側でも、輸入再開の条件を約束を守らずにいたなんて・・・どっちもどっち?
Up: 2006年02月03日 20:15 | [世間の話題]
給湯器・風呂釜販売(広告LINK)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。